NEWS |

サーモバリア・サーモバリアスカイ工法
サーモバリア
商品情報
フジホームサービス
2018.12.19

サーモバリア

断熱材だけでは防げない

輻射熱を99%カットする遮熱材

フジホームサービス(株)は、アルミ純度99%遮熱シート”サーモバリア”の静岡県の総代理店として、商品のご紹介から販売・施工まで行っております。(販売元:株式会社ライフテック)

「サーモバリア」販売元専用サイトはこちら

サーモバリアとは

サーモバリアは、断熱材だけでは防げない、輻射熱を97%カットする遮熱材です。
サーモバリアを住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができます。
これにより夏場はクーラーの使用も抑えられることも期待できます。冬場も室内で発生する輻射熱を室内側に反射する働きがあり、熱を室内から逃しません。


遮熱とは ~太陽からの輻射熱の反射を最大99%カット~

太陽から放射される熱の46%が大地に吸収され、24%が雲と大気に吸収され残りの30%は反射されるといわれます。(大気環境概論)
つまり雲と大気が吸収し対流熱となった熱24%に対し、その約2倍に当る太陽から大地に放射される46%の輻射熱が私たちの住まいを熱くしているのです。
このことから夏の暑さを防ぐには、いくら断熱材の性能を上げたところで輻射熱を抑えない限り効果が薄いことが分かります。
輻射熱を反射することはヒートアイランド現象を抑え、建物そのものの温度上昇を抑えますからクーラーの使用量も減少し、結果CO2の削減に貢献します。

遮熱とは?(動画再生時間:14分52秒)

サーモバリアスカイ工法

■ 実験が証明する効果

■ 施工方法

【サーモバリア スカイ】幅=1.1m 長さ=50m 総平米=55㎡
【専用両面テープ】幅=30mm・50mm・100mm 長さ=20m(アクリル系両面テープ)
【専用アルミガラスクロステープ】幅=50mm・100mm 長さ=50m

■ 施工の様子はこちらをご覧ください

サーモバリアスカイ工法 施工の様子(動画再生時間:2分57秒)

施工事例

■ ㈱クレオ 様(磐田市)

スカイ工法でエアコン代を大幅カット!

スカイ工法を採用するにあたり、まずは以前から「扉からの熱が暑くてたまらない」という声のあった工場の鉄の扉の片側だけに貼り、効果を検証しました。
すると、工場のご担当者様から「めちゃくちゃ違う!」との連絡があり、採用となりました。
施工後の感想についてご担当者様にお聞きしたところ、「毎年夏場の日中は電力デマンドの監視システムのブザーが一日に3,4回鳴って、その度にエアコンのスイッチを切っていましたが、スカイ工法を施工してからは1度もブザーが鳴らなくなりました。インクが溶けないように25℃にエアコンを設定していたけど以前は全然追い付かず22℃設定にしたりしていましたが、今は25℃設定で行けるので電気代が大幅に削減できていると思います」と笑顔でお話ししていただけました。
8月中旬に折版屋根の温度を測ると未施工部分は68℃ありましたが、スカイ工法施工済みの屋根の温度は38℃~40℃と約30℃の差がありました。

■ ㈱アツミテック様(浜松市)

約1万㎡の屋根にスカイ工法をご採用!

事務所棟を除く屋根(施工面積約1万㎡)にスカイ工法を施工させていただきました。
工場建屋が増築により大きくなったこともあり、屋根形状が複雑で暑さ対策用のフードが多数設置してあるなど非常に施工の難しい現場でした。
工場内の暑さ対策としてエアコン設置を計画する際に、「できるだけランニングコストを抑えたい」とのご要望から、建物の熱対策も同時に行い、少ないエアコンで効果が出るようにと弊社のサーモバリアを採用していただきました。
施工後は「工場内が冷っとする」と言った声もいただき、最低限の台数で設置したエアコンの効きも良く、当初の計画通り暑さ対策を行うことができました。

商品紹介

この記事をシェアする: 

FacebookTwitter
 
前のページへ戻る

Copyright© 冨士物産グループ , All Rights Reserved.

メールでお問合せ